メンタリング期間について

旧ジュニアインターミディエイトレベル1保持者は、2023年7月にメンターの資格を得ます。

2023年7月よりメンターとなり、メンティー(生徒)のレベル1 指導員育成が可能になりますが、そこからがメンター制度(メンタリング)の開始になるため、すぐにアセスメント受験への推薦状が書けるのではなく、十分なメンター指導が必要です。

推薦状を書くためには「生徒やメンターの技量によるが、2〜3年。中にはさらに長くかかる場合もある。」とされています。(詳しくは以下のRIMYIからの英文と和訳を参照)


It may take 2-3 years, depending on the skill of the student and mentor. Some may take even longer.

和訳:生徒やメンターの技量にもよりますが、2~3年かかるでしょう。中にはさらに長くかかる場合もあります。


メンタリングはメンターとメンティーが目的を共にし、メンターがメンティーを支援しながら互いに成長するシステムです。一定の育成期間(2~3年)が必要です。


以上


指導員養成委員会